Green Culture Travel

happy point

※ニーズに合わせて運用可能です

Happy-Pointシステムとは

●国の事業再構築補助金を利用して開発したシステムゆえで安心して利用
●Webブラウザからショートカット(アイコン化)での利用ゆえ安価での提供が可能(アプリのインストールは不要)

自治体様

紙で発行のプレミアム付商品券、観光事業者支援クーポン券を電子化し地域限定で利用するペーパーレス事業です。
電子マネーを発行することにより様々な地域支援事業に活用(併用も可)できます。
例)各種イベント、健康促進事業、移住受け入れ、ふるさと納税返礼品等

事業者様(店舗・商店街・チェーン店・ゴルフ場・観光施設等)

来店(来場)者に利用店舗(施設)限定の電子ポイントを発行し集客・収益拡大を図る事業です。
不需要期・又は平日にポイントを上乗せして集客を図ることも、イベント・キャンペーンに生かすことも可能です。
現場のニーズに合わせて定額・定率・期間等自由に設定することが出来ます。

5つの特徴

1.コスト削減

電子マネーでのやり取りになり紙の印刷が不要
電子マネーの利用は利用履歴で双方確認、精算業務も非対面で簡単

2.簡単操作

手持ちのスマートフォン(またはパソコン)で簡単操作

自治体様

発行 商品券購入者(ユーザー)に遠隔操作(ユーザーID 利用)で電子マネーを発行
利用 ユーザーが加盟店舗(施設)の QR コードを読み取るだけ
ユーザーが保有電子マネーから利用金額を操作
(店舗は利用金額を画面で確認して、同額を値引き)
精算 自治体(事業主)と加盟店舗は利用された電子マネーを利用履歴で双方確認し精算
(事業主は管理画面ですべての履歴を確認可能)

事業者様

発行 店舗にQRコードを置くだけ(ユーザーのQRコード読み取りで自動発行)(定額発行)
(定率の場合は、ユーザーQRコードを読み取り売上のみを入力)
利用 ユーザーが保有ポイントを当該店舗(施設)限定で利用

3.ニーズに合わせた設定

店舗・宿泊施設・ゴルフ場・観光施設等は、不需要期または平日にポイントを上乗せして集客を図ることも可能
イベント・キャンペーン等期間限定の設定も
地域又は業種での連携も可能

4.顧客情報と宣伝・PR

顧客動向データの集積・把握、次回の販売戦略への活用
ユーザー会員に対してイベント・キャンペーン等の宣伝・PRが可能

5.通販事業

遠隔操作(ユーザーID)で、ECサイトでの利用も可能(特に現地に行けなくなった人にも)

導入の流れ

規模・加盟店舗数にもよりますが実施まで概ね2カ月程度

導入の流れ 導入の流れ

費用

通常料金
コンサル料金・システム設定料金
店舗数・使用内容によって異なりますが事業規模の3~5%程度
システム利用及び管理料金 月額3万円程度(事業規模により異なります)
宣伝・広告他 別途ご相談

年内はキャンペーン中のため、導入までのコンサル料及びシステム設定料はサービス!!
手持ちのスマホ(又は PC)使用で設備投資も不要、”0”円でのスタートが可能です。

導入事例案

case1自治体様向け プレミアム付商品券(事前購入)型地域支援

導入事例 導入の流れ

\ スマートフォン・パソコンで簡単操作 /

1.申請/支払 応募者はネットで申請 ▶︎ プレミアム付電子マネー購入・支払
2.電子マネー発行 応募者の支払いを確認 ▶︎ ネットで購入相当額を発行
3.電子マネー利用 利用者が店舗備え付けのQRコード読み取り(店舗の作業なし)
利用者が利用金額を入力 ▶︎ 店舗は同額を確認して値引き
4.利用確認 利用履歴で利用店舗の利用額を主催者と双方で確認
5.精算 利用された電子マネー見合いの金額を精算

case2自治体様向け 観光事業者支援

\ 「1」「2」 ポイント発行時の利用(消費)と「3」ポイント利用時の消費でダブル効果‼

導入事例 導入の流れ

\ スマートフォン・パソコンで簡単操作 /

1.利用 利用者はユーザー登録 ▶︎ 加盟店舗(指定施設)を利用
2.ポイント発行 ユーザーが加盟店舗(指定施設)備え付けのQRコード読取り
3.ポイント利用 ユーザーが利用ポイントを入力 ▶︎ 店舗は同額を確認して値引き
4.利用確認 利用履歴で利用店舗の利用額を双方で確認
5.精算 利用されたポイント見合いの金額を支払い
補足
ポイント発行:定額発行(予め加盟店舗ごとに夫々のポイント発行額を設置)または
       定率発行(売上に応じてポイント発行比率を設定)

case3事業者(店舗・商店街・チェーン店・ゴルフ場・観光施設等)の集客・収益拡大支援

 本ケースは、事業者様の業種・事情により種々対応が異なると思いますのでお気軽にお問い合わせください。

導入事例 導入の流れ

補足
  1. ポイントは、定額又は定率での発行が可能
          不需要期、平日等にポイントを上乗せして集客を図ることも
          イベント・キャンペーン時にポイントを上乗せすることも可能
  2. 来店(来場)回数をカウントし、一定回数以上の来店(来場)者に特典を提供するサービスも可能
  3. 利用は個別店舗でも地域、グループ内での相互利用も可能

FacebookSNS

お問い合わせConnect

お電話、メール、お問い合わせフォームより受け付けております。
お気軽にお問い合わせください(You can contact us through Telphone、E-mail、and Inquiries form.)

[TEL]080-9062-5007(担当:新田)
(受付時間:9時~18時)(available from 9 AM to 6 PM)
メールアドレス(mail address):gcl@greencl.co.jp

任意